リードエンジニアリング株式会社HOMEへ戻る
HOME 業務内容 特許製品 会社概要 採用情報 アクセス
特許製品及びその他の製品


ゴルフスイング練習用具「すぶりん」

ゴルフスイング練習用具『すぶりん』はボールに視線を置いたまま、自分に合ったリストコックの位置を体得できます。

理由は!
そのユニークな構造により、耳とグリップの両手で感じ取ることができるからです。
最大の特長は、視線をボールに集中したままでトレーニングできるところにあります。

すぶりん製品写真
特長
  • 自分に合った正しいリストコックとリリースのタイミングを型で体得します。
  • 自分に合ったトップの位置を体得します。
  • ボールを打つ感覚で練習ができ、自分のインパクトゾーンを確立します。


トレーニング方法
スイング練習用具『すぶりん』での練習は、常に視線はボールに向けたままで、ハーフスイングを基本とします。
そして、この『すぶりん』によるトレーニングは、自分の身体の柔軟性に合ったリストコックと、そのリリースのタイミングを型で体得することを可能とします。

「すぶりん」イラスト

1. アドレス
ボールを置くか、又はボールが有ると想定し、クラブを持ってアドレスします。
この時『すぶりん』のスライド部分(イラスト赤色部分)が下の方に移動している事を確認します。

2. テイクバック
ゆっくりと、無理のない姿勢で、腕が上がらなくなる自分の限界の位置までテイクバックします。
そこを自分のトップ位置とします。

3. リストコック
テイクバックのトップ位置でリストコックします。すると、クラブが立ち上がり、『すぶりん』の先端部分にあったスライド部分が手元に滑り落てきます。この時の感覚を、グリップした手と耳元で感じ取ることができます。そして、その位置までが、自分のテイクバックの基本の型となります。
イラスト イラスト
テイクバックします リストコックすると『すぶりん』の先端部分にあったスライド部分が手元に滑り落てきます
4. ダウンスロー
次に、トップ位置からリストコックをリリースしながらダウンスローの動作に移ります。
同時に、手元の方に滑り落ちていた『すぶりん』のスライド部分が遠心力で先端部へ戻され、クラブの軸からぬけ落ちない為のベルト構造により、衝撃と音が発生します。そしてそこのポイントからトップスピードとなり、後はそのまま遠心力でインパクトゾーンを振り抜きます。
ここでは、このリストコックのリリースポイントからインパクトまでの感覚を体得します。
理論的に言うなら、リストコックのリリースが早ければ、トップスピードの位置も早くなります。

5. フォロースルーからフィニッシュ
ここでの動作は、通常のクラブと同じ動きとなります。『すぶりん』のスライド部分は先端に移動したままになります。
フィニッシュではじめて視線がボールの位置から離れます。


片手でのトレーニング
スイング練習用具『すぶりん』は、利き腕の反対の腕による片手でのトレーニングを効果的に行うことができます。
『すぶりん』のグリップ部は片方が両手用で、もう一方が片手用サイズになっています。
グリップ部を持ち変えることによりスライド部分の重さが変わります。又、どちらをグリップしても、スライド機構は同じように機能します。


その他
出張や旅先でも気晴らしに練習ができる、カバンに収まる携帯用サイズもあります。(グリップ部のサイズはそのままで、軸の長さを短くしてあります。)
特注となりますが、先端部分に、重さを変えることができ、着脱可能なウエイトの取り付けができるタイプもあります。





Copyright(c) 2007-2015 Lead Engineering Co.,Ltd. All Rights Reserved. お問い合わせ